Re:ガルクレセガモス (おまけ:第六世代のおもひで)

ポケモン(構築記事)

レートが終わった後のいろんな大会で使用、上位まで行けたり行けなかったり。
PTのベースは『チョッキガモス入りガルーラスタン』。

ガルーラを中心に、個々の種族値と汎用性を重視して組み立てた純スタンダードPT。

■個別解説 

kangaskhan-mega

ガルーラ @ガルーラナイト
性格:ようき 特性:きもったま→おやこあい
すてみタックル / じしん / れいとうパンチ / ねこだまし

努力値 H4 A252 S252
実数値(メガ前) 181-147-100-*-100-156
実数値(メガ後) 181-177-120-*-120-167

PTに竜半減がいないので、意地鉢ガブを意識した最速氷技持ち。
猫捨て身の火力が落ちるのを嫌って無邪気ではなく陽気で採用した。
猫騙しはバトル終盤に輝く詰めのための技。

garchomp

ガブリアス @きあいのタスキ
性格:ようき 特性:さめはだ
げきりん / じしん / がんせきふうじ / つるぎのまい

努力値 A252 B4 S252
実数値 183-182-116-*-105-169

ガルーラが数値受けに弱いので崩しを狙える剣舞型。
積み構築へのストッパーでもある。

cresselia

クレセリア @ゴツゴツメット
性格:ずぶとい 特性:ふゆう
サイコキネシス / どくどく / みかづきのまい / つきのひかり

努力値 H252 B252 D4
実数値 227-*-189-95-151-105

バシャ等の格闘にしっかり勝つためにもサイキネは必要。
ガルーラの猫と合わせて相手の処理ルートを増やせる毒々を採用した。

volcarona

ウルガモス @とつげきチョッキ
性格:ひかえめ 特性:ほのおのからだ
 ほのおのまい / むしのさざめき / ギガドレイン / めざめるパワー(岩)

努力値 H244 C220 S40
実数値 191-*-85-201-125-125

結構前に愛用していた”チョッキウルガモス”だが、近ごろガルクレセ+特殊へのメタとして強い人たちが使っていたのを見て久しぶりに採用。
特殊に投げて火力を押し付けていく。
めざ岩は相手のウルガモスへの遂行技。

thundurus

化身ボルトロス @オボンのみ
性格:ずぶとい 特性:いたずらごころ
10まんボルト / めざめるパワー(氷) / ちょうはつ / でんじは 

努力値 H236 B240 D4 S28
実数値 184-*-132-145-101-135

ガルーラと相性が良いクッション兼、展開阻害役。
挑発で相手のステロ、壁、バトン展開を許さない。

suicune

スイクン @たべのこし
性格:ずぶとい 特性:プレッシャー
ねっとう / どくどく / みがわり / まもる

努力値 H252 B84 C4 D4 S164
実数値 207-*-160-111-136-126

タイプ受けサイクルや受けループ、ピクシーを対策できる他、ガモス選出で崩せないクレセドランに対する駒。
上の仕事ができるポケモンの中でも汎用性があって選出しやすい。

■選出

gcv

:クレセガモスでサイクルを回してガルーラの一貫を作る。

gcs

:上と同じような動きができる、物理に厚くした形。

gts

:ガルーラの障害にサポート2体の後投げから対応していく。

ggs

:ガブで物理受けを、スイクンでタイプ受けを誘って崩す準対面選出。

tgg

:ボルトで相手の展開阻害&崩し、ガルガブで圧をかける対面選出。

scv

:スイクンで毒殺が狙えそうな場合に、クッションの2匹を添えた形。

■おまけ:第六世代のおもひで
『他の人とはちょっと違う、新しい何かを使う』というのがポリシーで、変な持ち物を持たせてみたり、新しい並びを考えてみたりと試行錯誤していました。
このポリシーが 戦う上での大きなモチベーションであり、勝てた理由であり、また勝てなかった理由でもあると思っています。
第七世代ではもっと柔軟に考える力をつけたいですね。

初めてオフに出たり、Twitterで多くの人と知り合ったり、上位を目指して夜を徹したり……。
定価4,937円で得られた経験はその何倍もの価値があったと思います。
楽しかったです!(。>﹏<。)

おしまい

コメント